1997 年創業の大手トレッキングおよびアドベンチャー代理店
+977 9851049662  |  info@marrontreks.com  |  English Website

(このウェブサイトはまだアップグレード中です。よろしくお願いします。)

マカルーベースキャンプ【氷河とチベット文化圏を行く】トレック

マカルーベースキャンプ【氷河とチベット文化圏を行く】トレック

Trip at a Glance

  • Country

    Country: Nepal

  • Trip grade

    Trip grade: 激しい

  • Activities

    Activities: トレッキング

  • Meals

    Meals: トレッキングに含まれる

  • Transportation

    Transportation: 専用車/飛行機

  • Maximum altitude

    Maximum altitude: マカルー・ベースキャンプ(4,870m)

  • Group size

    Group size: 2名

  • Trip Start / End

    Trip Start / End: カトマンズ - カトマンズ

  • Best Season

    Best Season: 3月~5月、9月~11月

ネパールでトレッキング!マカルーBCに宿泊する、ヒマラヤ登山のひとつです。マカルーの標高は8463mで世界第5位の高さを誇ります。この地域には、高度が低い地方にはブラーマンやチェトリと呼ばれる人々が住み、上に行くに連れてライやリンブーと呼ばれる民族に変わります。中には、シェルパやグルンの姿も点在しているのを見ることができるでしょう。ヒマラヤ登山としてはそれほど高度の高い所には行きませんが、行程はスリリングでかなりハードなトレッキングです。ルートの多くの部分がチベット領に近く、文化的にもチベットの影響が色濃く残されている所です。後半には氷河もわたります。アルンバレー渓谷とバルンバレー渓谷は本当に美しいキャンプ地です。厳しいトレッキングの合間に、その厳しさを忘れさせてしまう絶景とともに進みます。新たな世界へ好奇心と勇気のあるあなたに最高のトレッキングとなるでしょう。

 

旅程

最高地点 : マカルーBC(4,870m)  難易度 : 

day+A1:C28

日程

宿泊

 1日目

カトマンズ到着。日程について説明。自由行動

ホテル

 2日目

トレッキング許可証手続き。午後飛行機でビラトナガルへ。

ホテル

 3日目

飛行機でトゥムリンタル(400m)トレッキングスタート。
カンバリ(1,022m)へ

ロッジorキャンプ

 4日目

チチラ(1,850m)へ

ロッジorキャンプ

 5日目

ヌム(1,505m)へ

ロッジorキャンプ

 6日目

セドゥア(1,530m)へ

ロッジorキャンプ

 7日目

タシガウン(2,065m)へ

ロッジorキャンプ

 8日目

コンマ(3,562m)へ

ロッジorキャンプ

 9日目

コンマで休養

ロッジorキャンプ

10日目

ムンブク(3,550m)へ

ロッジorキャンプ

11日目

ヤングリカルカ(3,610m)へ

ロッジorキャンプ

12日目

ヤクカルカ(4,018m)へ

ロッジorキャンプ

13日目

高度順応のためヤクカルカで休養

ロッジorキャンプ

14日目

シェルソン(4,650m)へ

ロッジorキャンプ

15日目

マカルー・ベースキャンプ(4,870m)へ

ロッジorキャンプ

16日目

マカルー・ベースキャンプで休養

ロッジorキャンプ

17日目

ヤングリカルカへ

ロッジorキャンプ

18日目

ムンブクへ

ロッジorキャンプ

19日目

コンマへ

ロッジorキャンプ

20日目

タシガウンへ

ロッジorキャンプ

21日目

ヌムへ

ロッジorキャンプ

22日目

チチラへ

ロッジorキャンプ

23日目

マニバンジャンへ

ロッジorキャンプ

24日目

トゥムリンタルへ

ロッジorキャンプ

25日目

飛行機でトゥムリンタルからカトマンズへ戻る

ホテル

26日目

カトマンズで自由行動

ホテル

27日目

空港にお見送り。帰国の途に

 

What is included?

  •  空港への送迎
  • 日程内の航空運賃や長距離車両などの交通運賃
  •  備品関係:テント(キャンプトレックの場合のみ)やマット、寝袋など
  •  トレッキング中の食費や宿泊費
  •  経験豊かなトレッキングガイド
  •  スタッフ(キャンプトレックの場合):ガイド、コック、調理補佐、登山ガイド、ポーター
  •  スタッフの保険金
  •  サービスチャージ
  •  ガイドアシスタント1名(4人以上のグループに限る)
  •  トレッキング中の、すべての許可証および入域料関係の費用
  •  登山ガイドの必要経費
  •  日程内の二人部屋ホテル料金(朝食付き)
  • 最終日の夕食(ネパール民族舞踊などの催し物をお楽しみいただきます)

What is not included?

  •  海外旅行保険料
  • 日本―カトマンズの往復航空運賃
  • トレッキング期間以外の食費
  •  非常事態の際の追加料金
  • チップ
  •  飲料費
  • 個人的にかかる費用
  • その他、【料金に含まれるもの】以外の経費

トレッキング用品

ネパールのマロン・トレックスがお勧めするパッキングリストは、季節や標高によって異なります。私たちは75リットルのダッフルバッグと寝袋を提供します。軽微なアイテムはトレッキング開始前にカトマンズで購入またはレンタルできます。 
 
トレッキング装備リスト 
 
衣類 
• 吸湿性のあるTシャツ(2~3枚) 
• 吸湿性のある長袖シャツ(1枚) 
• 軽量ダウンジャケット 
• 保温アンダーシャツ(1~2枚) 
• フリースプルオーバー(寒冷地用) 
• インナーウォームパンツ(1~2枚) 
• 軽量トレッキングパンツ(1~2枚) 
• 吸湿発散性アンダーウェア(2~3枚) 
• 防水・防風ジャケット(オプション) 
• ハイキングショーツ(日中歩く用/天候に左右されないもの) 
• 暖かい手袋 
 
ヘッドウェア 
• サングラス 
• 帽子 
• 毛糸の帽子(涼しい場所用) 
 
履物 
• 丈夫なトレッキングブーツまたは靴 
• サンダルまたはビーチサンダル 
• 吸湿性のある靴下(3~4枚) 
• ハイキング用ゲイター(オプション) 
 
その他 
• 軽量デイパック(20~30リットル) 
• 水筒 
• 浄水タブレット 
• 常備薬 
• 歯ブラシと歯磨き粉 
• 速乾タオル 
• ヘッドランプまたは懐中電灯 
• トレッキングポール 
• カメラまたはスマートフォン(充電器またはパワーバンク付き) 
• トイレットペーパー 
• 日焼け止めローション 
• リップクリーム 
• 高タンパク質のスナック(プロテインバーやナッツなど) 
Book now
Since 1997