1997 年創業の大手トレッキングおよびアドベンチャー代理店
+977 9851049662  |  info@marrontreks.com  |  English Website

(このウェブサイトはまだアップグレード中です。よろしくお願いします。)

ヘリコプターツアー

ヘリコプターツアー

ネパールへ弾丸ツアー!ヒマラヤが好き、エベレストを見たい、山を見ながらリラックスしたい方に!世界の屋根と言われているヒマラヤ山脈、そしてその最高峰にあるエベレストの山を見ながら、お茶をしてみませんか。このツアーでは、有名なエベレスビューホテルで、エベレストを目の前にしながら朝食をいただきます。カトマンズだけでなく、パタンやバクタプルといった古都へも足をのばし、存分にネパールを楽しむことができます。

 

Trip at a Glance

  • Country

    Country: Nepal

  • Trip grade

    Trip grade: 簡単

  • Destination

    Destination: エベレスト地方

  • Activities

    Activities: ヘリコプターツアー/文化ツア

  • Accommodation

    Accommodation: ホテル

  • Transportation

    Transportation: 専用車/ヘリコプター

  • Maximum altitude

    Maximum altitude: カラパタール(5,550m

  • Group size

    Group size: 2名

  • Trip Start / End

    Trip Start / End: カトマンズ - カトマンズ

  • Best Season

    Best Season: 1月~6月、9月~12月

ネパールでネパールでヘリツアー!エベレスト遠征時代からの歴史あるルートを、空から眺めることができます。高地は、遠征隊のガイドやポーターとして活躍してきたシェルパの故郷です。目の前に、エベレストが現れます。途中、カラパタールへ着陸して、5,644mの地にヘリから下ります。エベレストBCにも許可が下りれば、着陸することができます。プロペラ機での遊覧飛行と違い、より近くに、そして着陸して土を踏めるところが、ヘリツアーの魅力です。短い日程でも、エベレストを目の前にし、ヒマラヤの山々に触れる経験は、間違いなく特別な経験になります。ナムチェバザールでの休養日に、シャンボチェの丘、エベレストビューホテルへも足を運びます。シャンボチェの丘はエベレストの展望台として知られています。そして、エベレストビューホテルでゆっくり軽食をとりながら、壮大な景色を楽しめます。(クンビラ、ヌプツェ、エベレスト、ローツェ、アイランドピーク、アマダブラム、カンテガ、タムセルク、クスムカンガルなど。)

旅程

DAY

移動

宿泊

 行動 

1日目

カトマンズ ホテル

空港へお出迎え。時間が早ければ市内観光しながら、ホテルへ向かいます。

2日目

ヘリ・車

ナガルコット ホテル

早朝、ヘリでヒマラヤ観光。
空からヒマラヤの山々を見ながら「エベレストビューホテル(3,880m)」へ。
エベレストビューホテルで朝食。目の前にすぐそこに、エベレストです。

ヘリでカトマンズへ戻り、その後、車でナガルコットへ。
道中、古都パタンやバクタプルに寄りながらナガルコットへ。
ナガルコット(2,175m)は、ヒマラヤ展望として有名な街です。
エベレスト連峰、ランタン連峰などが見渡せます。

3日目

カトマンズ ホテル

朝食後、カトマンズへ戻ります。
市内観光(ボウダナート、パシュパティナート観光)とお買い物。
夕方、さよならパーティをして、カトマンズホテル宿泊。

4日目

出発までフリータイム。
空港へお見送り。帰国の途に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

What is included?

  •  空港への送迎
  • カトマンズの二人部屋ホテル料金(朝食付き)
  • ヘリコプターツアーの運賃、およびスタッフの賃金
  • 日程内の国内航空運賃、長距離車両などの交通運賃
  •  ツアー中の、すべての許可証および入域料関係の費用
  •  観光期間中の経験豊富な観光ガイド
  • 必要な政府および地方税

What is not included?

  •  海外旅行保険料
  • 日本―カトマンズの往復航空運賃、空港使用税
  • 日程において記載のない昼食・夕食代
  • 緊急救出や避難にかかる費用
  • ネパール入国ビザ代金
  • チップ
  • 飲料費
  •  個人的にかかる費用
  • その他、【料金に含まれるもの】以外の経費

トレッキング用品

マロン・トレックスのツアーでは、様々な場所や風景を旅し、様々なアクティビティを体験するため、荷造りには慎重な計画が必要です。以下は、ネパールを訪れる際に準備するのに役立つパッキングリストです。 
 
ツアーの装備リスト 
 
衣類 
• 夏用の軽量で吸湿性があり、通気性のよい衣類 
• 冬用の暖かいジャケットやセーター 
• 日焼け防止と寺院参拝時のための長袖シャツと長ズボン 
• 涼しい夜のための保温性のある重ね着 
• レインジャケットまたはポンチョ(特に雨期用) 
• ビーチサンダルなどカジュアルな履物 
• 水着(ホテルのプールを利用する場合)と下着 
• ショートパンツ(日中歩くとき用/天候に左右されないもの) 
 
ヘッドウェア 
• サングラス 
• 帽子 
• 毛糸の帽子またはキャップ(涼しい場所用) 
 
履物 
• 歩きやすい靴 
• サンダルまたはビーチサンダル 
• 吸湿性のある靴下(3~4枚) 
 
その他 
• 貴重品を入れるマネーベルトまたは隠しポーチ 
• 電源アダプターと電圧変換器(ネパールではタイプCとタイプDの電気プラグを使用) 
• 常備薬 
• 虫除けスプレーとあまりカラフルでない服(チトワン・ジャングルサファリ用) 
• 日焼け止めローション 
• リップクリーム 
• 手のアルコール消毒液 
• 水筒 
• 歯ブラシと歯磨き粉 
• 速乾タオル 
• カメラまたはスマートフォン(充電器またはパワーバンク付き) 
• 旅行用枕と耳栓(長時間のバス移動の際、より快適に休むために) 
Book now
Since 1997